シュート力を高めるトレーニング

【筋トレ】リバウンド・シュート・ドリブル・パス能力向上!上腕二頭筋を鍛える方法!

カール・マローン
Pocket

上腕二頭筋とは、腕の内側の筋肉、いわゆる“力こぶ”といわれる部分です。

“男らしさの象徴”といっても過言ではない上腕二頭筋を鍛えることで、様々な場面でパフォーマンスが向上します。

 

今回は、リバウンド・シュート・パス・ドリブルのいずれにも大きく影響する“上腕二頭筋”を鍛えるメリットと鍛え方を紹介します。

上腕三頭筋

 

上腕二頭筋を鍛えるメリットは?

上腕二頭筋は、腕を引きつける時に使われる筋肉です。

そのため、ここを鍛えることで、リバウンドやルーズボールの取り合いに圧倒的に有利になります。

リバウンド合戦をする機会の多いセンターの方は、この筋肉を鍛えるとよいでしょう。

 

また、上腕二頭筋と上腕三頭筋をバランス良く鍛えることで、バスケットボールをする際、安定したシュートを打てるだけでなく、力強いパスやドリブルが出来るようになります。

参照:『【筋トレ】シュート・ドリブル・パス能力向上!上腕三頭筋を鍛える方法!

カール・マローン

 

どうやって鍛えるの?

自宅で鍛える(プッシュアップ)

自宅でも出来る基本的なトレーニング方法に”プッシュアップ”があります。

プッシュアップとは腕立て伏せのことで、両手の間隔を肩幅よりも狭くすることで、上腕二頭筋を鍛えることが出来ます。

15〜20回×3セットを目安にするといいでしょう。

 

ダンベルで鍛える(ダンベルカール)

両手でダンベルをゆっくり持ち上げる動作を繰り返します。

両手とも同じ動きをするのがポイントです。

姿勢は、前や後ろに傾かず、背筋を伸ばした状態で行いましょう。

勢いを使って上げても効果はないので、ゆっくり負荷をかけてトレーニングに励んでください。

 

10〜15kgの重さから初め、慣れてくれば徐々に重さを増やしていきましょう。

15〜20回を左右3セットするのが目安です。

 

 

こちらは重さを三段階(5kg・7kg・10kg)調節出来るダンベルです。

参考としてご覧ください。

アーミーダンベル 10kg×2個セット グリーン LEDB-10AG*2 錆びません! [ダンベルトレーニング 筋トレ]

チューブトレーニングで鍛える(アームカール)

チューブを使って上腕二頭筋を鍛える方法を紹介します。

 

まず、チューブの真ん中を両足で踏み、手の平を上に向けて、左右の手でチューブの両端を持ちます。

肘を身体に固定した状態で、肘を曲げ、チューブを伸ばしましょう。

 

この時のポイントは、ゆっくりと元に戻すことです。

曲げる時よりも戻す方に意識を置きましょう。

 

15回を3セットするのが目安です。

 

ダンベルと違い、チューブは引っ張れば引っ張るほど負荷がかかります。

慣れてくれば、チューブを二重にしたり、短く持ち、徐々に負荷を大きくしていきましょう。

 

チューブトレーニングは、スポーツ選手だけでなく、ダイエットを始めようとしている女性にも人気です。

自宅で簡単に出来る上、かなり効果的なトレーニングです。

La・VIE(ラ・ヴィ) フィットネスチューブ スーパーハード 3B-3052

これらのトレーニングを一ヶ月も行えば、シュートの飛距離やパスの強さ、リバウンドの保有率が明らかに変わります。

 

筋トレは積み重ねが大切です。

無理をせずにコツコツと鍛えましょう!

関連記事
購入の際は要チェック!バッシュに必要な7つの機能性!!!
【バスケを始めたばかりの方へ】バスケットボールの選び方!
【筋トレ】シュート・パス・ドリブル能力向上!手首を鍛える方法!!!
ジャンプ力を伸ばすための3つのステップ!

関連記事

  1. NBAチャンピオン歴代優勝回数(チーム)
  2. オスグッド病が原因の膝の痛み!改善方法と予防法!
  3. 膝の痛みを和らげるサポーター!膝サポーターの種類と選び方!
  4. 【筋トレ】スッキリくびれを目指せ!腹斜筋を鍛える方法!
  5. 相手を置き去りに!?ラジョン・ロンドのビハインド・ザ・バック・フ…
  6. バスケットボールマンのための体作り
  7. 【筋トレ】ジャンプ力・体幹を鍛える!僧坊筋の鍛え方!
  8. レブロン・ジェームズのバッシュの凄さ!驚くべき機能を徹底解説!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。