シュート力を高めるトレーニング

【バスケ】一歩目の爆発力!瞬発力を鍛える筋トレ方法!

Pocket

「攻守の切り替えを早くしたい」「一歩目の爆発力で相手を抜き去りたい」「リバウンドの時にすぐに反応したい」。

バスケットボールを上達する上では、初動の速さに直結する”瞬発力”を鍛える必要があります。

今回は、今日からすぐに実践できる”瞬発力を鍛える方法”をご紹介します!

【バスケ】一歩目の爆発力!瞬発力を鍛える筋トレ方法!

『瞬発力』とは?

瞬発力とは、筋肉にあるパワーを瞬間的に早く発揮させる力のことを指します。

バスケットボールでいえば、相手をドライブで抜き去る時の初動や、1on1でのディフェンス、リバウンドへの飛びつきに直結している爆発力を指します。

瞬発力は筋力とスピードから成り立っており、両方が効率よく働くことで発揮されます。

どちらか一方だけが偏っていても、瞬発力が生まれることはありません。

瞬発力は短距離走やウェイトリフティングなどの競技はもちろん、バスケットボールやサッカー、テニスなどのありとあらゆる種目に必要となる力です。

特にバスケットボールではドリブル時に相手からボールを奪い取る、パスをカットする、裏をかいてパスを回すなど、瞬発力が要求される場面がたくさんあります。

瞬発力を効果的に鍛えることで、バスケットボール全体のプレーがワンランク上のものになります。

ちなみに、世界最高峰のリーグNBAで活躍する選手でいえば、ラッセル・ウエストブルックやカイリー・アービングなどが化け物じみた瞬発力を持っています。

プレーを見てみるとその初速の速さに驚かされます。

瞬発力を司る筋肉!

筋肉には大きく分けて、「速筋」と「遅筋」の2種類があります。

速筋はアウターマッスルとも呼ばれています。

体の表面にある筋肉で、筋繊維は太くて強い力が特徴です。

強度が高く、短い運動に良く使われます。

一方の遅筋は、インナーマッスルと呼ばれています。

体の深部で骨格を支え、筋線維は細くて弱い力が特徴です。

強度が低く、長い運動に良く使われます。

瞬発力は一般的に速筋のアウターマッスルと関係があると言われています。

しかし、実は、遅筋のインナーマッスルとも大きく関係しています。

瞬発力を鍛えるためには、アウターマッスルとインナーマッスルの両方をバランス良く鍛えることが大切です。

瞬発力を鍛える筋トレ方法!

瞬発力を鍛えるための筋肉トレーニング法を、2つ紹介します。

スクワット

スクワットは、足の筋力をアップさせるためのトレーニングです。

スクワットのみのトレーニングで瞬発力は上がりませんが、他の瞬発力そのものを鍛えるトレーニングと組み合わせることで効果が倍増します。

足の筋力を鍛えることで、瞬発力を発揮する土台を作ることができるのです。

数あるスクワットトレーイングの中でもオススメなのが、ジャンピングスクワット。

スクワットの後にジャンプをすることで、瞬発力向上に効果があります。

  • 通常のスクワットで腰を下に落とします
  • 太ももと床が平行になった際にジャンプをします

これを1セット10回行ってください。

デプスジャンプ

デプスジャンプはダイレクトに、瞬発力を鍛えることができます。

トレーニングを続けることで、瞬間的に飛び上がる力につながります。

  • 膝くらいの高さの台を準備します
  • 台の上に立って片足を前方に出し、重力に任せるように飛び降ります
  • 着地した時に膝と足首をバネにして、ジャンプします
  • ジャンプした瞬間に膝と足首を伸ばして、体が真っすぐになるように高く飛びます

1セット10回を2セット行ってください。

関連記事

  1. カイリー・アービングのドリブルを徹底解明!これらをマスターしてエ…
  2. 【バスケ】簡単に実践的なドリブル力を鍛える!ドリブル練習方法!
  3. 【カイリー・アービングシリーズ】超人気バッシュの驚くべき…
  4. 【筋トレ】ジャンプ力・シュート力をアップ!三角筋を鍛える方法!
  5. 【バスケ】2メンの練習は全く意味なし?2メンで得られる3つの能力…
  6. 【筋トレ】シュート・ドリブル・パス能力向上!上腕三頭筋を鍛える方…
  7. 【筋トレ】シュート・パス・ドリブル能力向上!手首を鍛える方法!!…
  8. 質の良いバスケットボールを見分けるポイント!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。