NABに習うスーパーテクニック

夢を諦めかけているあなたへ。マジック・ジョンソンが綴った勇気をもらえる手紙

Pocket

マジック”の愛称で親しまれ、予測不可能なパスで世界中のバスケットボーラーを魅了したレジェンド、マジック・ジョンソン

そんな彼が自身の著書“My Life”の中で、黒人の子供達へ送った言葉です。

夢を諦めかけている方に、ぜひ読んでほしいメッセージです。

 

“A Message For Black Teenagers”

“A Message For Black Teenagers”

 

『君には無理だよ』という人の言うことを、聞いてはいけない。

 

もし、自分でなにかを成し遂げたかったら

出来なかった時に他人のせいにしないで

自分のせいにしなさい。

 

多くの人が、僕にも君にも「無理だよ」と言った。

彼らは、君に成功してほしくないんだ。

なぜなら、彼らは成功出来なかったから。

途中で諦めてしまったから。

 

だから、君にもその夢を諦めてほしいんだ。

不幸な人は、不幸な人を友達にしたいんだ。

 

決して諦めては駄目だ。

 

自分のまわりを

エネルギーで溢れ、

しっかりした考え方を持っている人でかためなさい。

自分のまわりを、

野心であふれ

前向きな思考の人でかためなさい。

 

近くに誰か憧れる人がいたら

その人にアドバイスを求めなさい。

君の人生を考えることが出来るのは

君だけだ。

 

君の夢がなんであれ、

それに向かっていくんだ。

 

なぜなら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ。

なぜなら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ。

[原文]

“A Message For Black Teenagers”

 

Don’t let anyone tell you what you can’t do.

 

If you don’t succeed, let it be because of you.

Don’t blame it on other people.

A lot of people doubted me, too.

 

Some people don’t want you to make it,

because they’re not going to make it.

 

They’ve given up, so they want you to give up, too.

 

As the saying goes, misery loves company.

 

Don’t give up!

 

Surround yourself with people who are energetic and disciplined.

Surround yourselves with ambitious, positive people.

 

If there are adults you admire,

don’t be afraid to ask them for help and advice.

 

You’re the only one who can make the difference.

 

Whatever your dream is, go for it.

 

Because you were born to be happy.

Because you were born to be happy.

マジック・ジョンソンは高校時代、白人がほとんどを占める高校に通っていました。

少数の黒人学生と白人学生の間ではトラブルが絶えず、バスケットボール部でも摩擦がありました。

そんな中でも彼は諦めず、日々誰よりも熱心に練習し、夢を摑み取りました。

そんな彼のたゆまぬ努力と信念がこの言葉に詰まっているようにも感じられますね。

関連記事:『魔法のパスを操るレジェンド!マジック・ジョンソンの4つの凄さ!!!

関連記事

  1. コービーのナイキバッシュシリーズ!最新のおすすめバッシュ情報!
  2. デニス・ロッドマン 【バスケ】チビでもリバウンドがとれる!飛び込みリバウンドの極意・…
  3. 伝説の怪物センター!“Mr. バスケットボール”ジョージ・マイカ…
  4. 【カイリー・アービングシリーズ】超人気バッシュの驚くべき…
  5. ディフェンスがザルすぎ!?ジェームス・ハーデンのヘタクソディフェ…
  6. 【オフェンス】ピック・アンド・ロール 〜スライド・ディフェンス〜…
  7. チームの司令塔!ポイントガードに必要な6つの能力!!!
  8. ドリブルがヤバすぎる!?NBAアンクルブレイク集!!!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。